本文へ移動

各種申請書のダウンロード

登園許可証明書

幼いお子さんをお預かりしています。集団感染を防ぐ意味でも、次の病気は登園許可証明書提出後の登園となります。
 
学校伝染病
第1種及び第2種:インフルエンザ・百日咳・麻疹・風疹・水痘・流行性耳下腺炎・咽頭結膜炎・結核等
第3種:腸管出血性大腸菌感染症・流行性角結膜炎・急性出血性結膜炎
第3種(その他の伝染病):溶連菌感染症・ウィルス性肝炎・マイコプラズマ感染症・ヘルパンギーナ・流行性嘔吐下痢症他

詳細は保育園案内に掲示しています。
 
出席停止期間について
第1種・第2種は出席停止期間が定められていますので、その間はご家庭でお過ごしください。
第3種は「医師が伝染の恐れがないと認めるまで」が出席停止期間となります。
規制外として「手足口病」「伝染性紅斑症(りんご病)」は診察時にはほとんど感染力がなく、出席停止期間は無いようです。但し食事が取れないような場合はご家庭でお過ごし願います。 
 

投薬依頼書

薬は本来、保護者が登園して与えていただくのですが、止むを得ない理由で保護者が登園できない時に、保育園の担当者が保護者の依頼により投薬いたします。投薬依頼の際は投薬依頼書を必ず提出ください。
投薬依頼について以下のことは必ずお守りください。
1. 薬は医師の処方によって医院や薬局で調剤したものに限ります(保護者の判断で持参した薬は対応できません)。
2. 座薬の使用は原則として行いません。
3. 慢性の病気(気管支炎・ぜんそく・てんかん・アトピー性皮膚炎などのように経過が長引くような病気)の投薬や処置については、お子さんの主治医または、嘱託医の指示書に従い、保護者と連携して対処いたします。

治癒証明書

感染力は小さく登園は可能でも、他のお子さんと同じプールでの水遊びができない「水いぼ」や「とびひ」等が対象です。
早めに受診・治療を行い、一緒に遊ばせたいですね。
治癒した場合、提出をお願いします。
社会福祉法人 直方中央福祉会 
直方市立中央保育園
〒822-0022 
福岡県直方市知古1丁目7-16  
TEL.0949-24-6297 
FAX.0949-24-1474
TOPへ戻る