本文へ移動

デイリープログラム

一日の流れ

保育園では一人ひとりの成長、発達の個人差などに配慮しながら、楽しい園生活が過ごせるよう、保育計画を立て取り組んでいます。
 
ご家庭と保育園が一緒になって、お子さんの健やかな成長を育んでいきましょう。
7:00
開園
順次登園
9:30
おやつ
10:00
戸外や室内でのあそび
10:50
11:10
11:30
★昼食★
ひよこ組(O歳児)
うさぎ組(O歳児)
こあら組(1歳児)
ばんだ組(2歳児)
 
昼寝~目覚めあそび
15:00
おやつ
16:00
保育士や友だちと
あそびながら順次降園
18:00
延長保育
19:00
閉園

入園に際して

●お子さんが一日も早く保育園や先生に慣れるよう、一週間を目途に徐々に保育時間を長くすることも出来ます。
●入園近くの日程に親子で半日保育園で過ごして頂き、保護者の方にも園内やクラスのお友達、職員に親しんでいただきます。

活動のねらい

戸外や室内でのあそび

午前中は活動的に、午後は休息を中心に
 
中央保育園では、年齢ごとに発達に沿った活動(遊び)を経験します。遊ぶ中で体力が付き、細やかな動作、考える力も育ちます。
また、友達への思いやりやコミュニケーションも身についてきます。
 
こうして、遊びの体験は学びとして、その後の子どもの成長に大きく影響します。

昼食・おやつ

一日の身体活動に必要な栄養をとる
 
哺乳から離乳食・幼児食へと美味しい給食やおやつを食べます。
 
食欲は意欲にも繋がっていきます。
 
子どもたちも毎日、給食の時間が待ち遠しいようです。
     
 

昼寝

体内時計に合わせて睡眠をとる
 
お昼寝の時は先生の読み聞かせやわらべ唄を聴きながら、気持ちも安定するようです。
 
しっかり遊び、しっかり食べると子どもたちは自然と瞼が閉じ眠くなります。
 
社会福祉法人 直方中央福祉会 
直方市立中央保育園
〒822-0022 
福岡県直方市知古1丁目7-16  
TEL.0949-24-6297 
FAX.0949-24-1474
TOPへ戻る